Information

Categories
Archives
New Release DVD
2014 西表 | 西表二日目

01.jpg

 少々風は残っていたけれど、ここに到着した昨日に比べれば数段ましで、何より晴れていて、暑すぎず寒すぎず、今日の西表はいつになく優しかった。

 ただし、iPhoneのアプリが「釣りの効率100%」と表示し、Fishing Timerが昼間に4尾の魚を表示した(最高に釣れるという意味です)わりには、マングローブの川の魚の反応は鈍く、釣りにはなかなか厳しい日和。メインのターゲットであるはずのマングローブジャックはまるでプラグを追ってくれない。

02.jpg

 それでも、シンタロウのキャストしたプラグにまずはホシマダラハゼが姿を見せる。こいつはレアな魚と言えばレアな魚で、狙って釣れる魚ではない。ひとまずシンタロウの口元が緩んだ。

03.jpg

 次は俺、ブレイクあたりを通過したSweepyのニューヴァージョンに爆発的バイト。ドラグをグイグイ出して、やがて観念したのは2kgほどのロウニンアジ、いわゆるGTメッキでした。この魚は出てもなかなか乗らないし、乗ってもなかなか獲れないものなのだ(俺の場合は)けれど・・・。だから、このサイズは俺の記録なのである。

04.jpg

 どうやら今日はアジの日のようで、その後、シンタロウのアカシブランドにも俺のよりはひとまわり小さいものの、これまた美しく強いロウニンアジが。

 川で出るGTは、凄い勢いで静寂を破るので余計に驚きがあって迫力があって、しかもバスタックルでその強靭な体力とやりとりするから、それはそれは楽しいのでした。

 一日に二本もこんなのが釣れるなんて、そんなにあることではないのだけれど、いくら西表だって。(それなのにマングローブジャックやチヌからの反応がないというのも、これまたレアなケース。)

 ジャングルを渡って川面に降りる風は少し強くはあったものの、いつもなら過酷なここの天候が今日は妙に心地良かった。それもそのはず、この時期にここに来るのは初めてなので、またも新しい西表を発見する俺だった。

 23時のニュースでウクライナの情勢を見て、その後ふと外に出てやたらとまぶしい満月を眺め、二年ぶりにここに来れたことをとにかく幸せに思って、やがて今日が終わる。
  • (2014-06-08 12:15:53)