Information

Categories
Archives
New Release DVD
November 2012 Lake El Salto in Mexico | ノスタルジア

01.jpg

 悔しいことも、いらつくことも、もちろんないではないけれど、今回ほど「気負わなくていいんだ」と思ったことはない。それは余裕ということでもなくて。あれだけ憧れたメキシコに10年続けて12回やって来て、ようやくそういう気持ちになった。

 今では懐かしくさえ思うことも数々あって、それは郷愁にも似たものだ。故郷のありようを受け入れるほかないのと同じように、どうしようもなくここはあるがままにある。

 七十六歳のおじいちゃんと俺と同い年の息子とがここに来て、釣りを、それからコミュニケーションを楽しむのを見て、とてもいいなあと思う。彼らと会えたことを嬉しく思う。俺はあとどのくらいここに来ることが出来るだろうか。

02.jpg

 4日目の午後、滑り出しこそNivaでいいバイトを何発か得るも、獲れたのはそれほど大きくないやつで、その後が続かない。やはり甘くはないのだ。

 それにしても午後の一発目のバイトは見事だった。50cmをゆうに超える巨体を丸ごと空中に投げうってアタックしたそのバイトを見れたことは、それだけで値打ちがある。

03.jpg

 今日はこれで終わりかと思った夕刻、思いがけないプレゼントがあった。

 Cosmo del Plastico(プロト)をバンク際に投げて、軽くトゥイッチしたその直後、パツっと水面がわずかに割れた気がした。

 合わせると、とたんに強力な感触がラインを通じて伝わる。ぐいぐいと締め込むその抵抗に耐え、ラインを巻き取る。ガイドのロレンソがネットを手に慌てて駆け寄る。やがて上がって来たのは58cmを少し超える8lbの魚だった。

 終了間際のまさにドラマ、「ついてる」と言っていいでしょうか。明日と明後日の午前を残してはいるけれど、これが今回のとりあえずは最大の魚です。
  • (2014-06-08 11:55:43)